2016年09月13日

季節の変わり目におススメのアロマとウォーキング

kht0011-004.jpg

台風の発生や秋雨前線の接近で、大気の状態が不安定になる季節。
何かと体調を崩しやすい時期ですね。
気圧の変化に伴い、
頭痛や肩こり、むくみや全身のだるさを感じることもあるかと思います。
ところで以前ご紹介した片頭痛に効くというはちみつにんにくは、
思ったとおりと言いますか、そのままではちょっと食べにくく、
片頭痛への効果は実証できませんでした。

身体の状態と心の状態はお互いに影響し合うものです。
こうした体調不良が続くと、気分も落ち込みます。
夏から秋へと季節は移り、
日照時間が短くなることも気分の落ち込みと関係あるそうです。
そして気分が落ち込むと、益々体調も悪くなるという悪循環に陥ってしまいます。
こんな時についつい横になってしまうと、
具合が良くなるどころかどんどん悪くなってしまいかねません。
こういう時にはむしろ外に出て歩くことをおススメします。
朝の光を浴びながら30分ほど歩くだけで、
体調も気分もぐっと良くなるはず。
とはいえ平日には朝にことのような時間は取りにくいですね。
夕食後、就寝の1時間前までに30分ほどのウォーキングをすることで、
朝のウォーキングとは違った効果も得られます。
デスクワークの人の1日の疲れは、
実は身体のうっ血状態にも原因があるんです。
寝る前に30分から1時間のウォーキングをすることで、
全身の血流を良くし、
首や肩の痛みやコリ、腰痛などを軽減する効果が期待できます。
頭痛の軽減にも歩くことはおススメです。

もうひとつぜひおススメしたいのがアロマ。
アロマの香りは気分だけでなく、
体調にも影響を与えることがあります。
好きな香りを使用するというのもいいですが、
それぞれのアロマの特徴を効果的に使う方法もあります。
粗塩にローズマリーやラベンダーのアロマオイルを2,3滴まぜて、
入浴剤として使う方法が簡単に楽しめます。

ぜひ試してみてくださいね。







posted by あつこ at 09:48| ボディケア