2016年06月10日

黒蜜って???

IMG_4352.JPG

肩甲骨はがしのお話しが途中になっていましたが、
ちょっとショックな出来事があったので寄り道です。

関東甲信越地方も梅雨入りしいよいよ蒸し暑くなってきた今日この頃、
冷たくてさっぱりしたものばかりが欲しくなります。
つい先日も今年初のところてんを買いにスーパーに。

ところで、皆さんはところてんはどのようにして食べますか?
私はだんぜん黒蜜。
三杯酢で食べるなんて知りませんでした。
最近ではここ神戸でも必ず黒蜜は売っていますが、
20年前こちらに引っ越してきたときにはあまり見かけなかったような。。。。
で、先日も当然のように黒蜜を買ってきました。
器にうつし、さて黒蜜をかけようかと思ったら。。。。。

ここでまたまた質問。
黒蜜って何でできてるかご存知ですか?

そうです、黒糖です。
黒糖を水に溶かして煮詰めとろみをつけたものです。
あの独特のコクと香りは黒糖そのものなんですね。
作り方は超簡単。
だけどいつでも黒糖を買い置きしているわけではないし、
暑い夏にはちょっとでも火は使わないでおきたいもの。
おいしい黒蜜がついてたらささっとそれを使いたいところです。

ところが、先日のところてんについていた黒蜜の原料は、
果糖ぶどう糖液糖に砂糖。
あれれ?何でそれであんなに真っ黒になるの?
色もさることながら曲者はこの果糖ブドウ糖液糖。
低温下で砂糖よりも甘味度をますので清涼飲料水や冷菓、
また価格も安いため様々な食品に使われています。
原料となるトウモロコシはほとんどアメリカ産。
そしてその85%以上が遺伝子組み換えであると言われています。
つまり、果糖ブドウ糖液糖はかなりの確率で遺伝子組み換えトウモロコシが原料になっているということ。
しかも肥満や糖尿病の原因になるかも?という調査報告も。

果糖ブドウ糖液糖は普通に口にし得る様々な食品につかわれています。
もう、それが入っていない加工食品なんてないと言っても過言ではないほど。
黒糖を全く使っていないのに黒蜜風味というのは実に気持ち悪い。
それに本当の黒糖を使った黒蜜と黒蜜風では風味も雲泥の差。
これからは面倒でも必ず自分で煮詰めようと思いました。

ちなみに黒糖も、後ろの原材料をちゃんと確認してくださいね。
粗糖や糖蜜で製造されたものや、さらに輸入糖などを加えて黒糖に似せた商品が出回っています。
色は黒くても風味や成分が違いますのでよく確認しましょう。


★北野町のレトロアパートでのピラティスクラス
毎週火曜日・木曜日 10:30〜11:30

★パーソナルセッションは随時

くわしくはメールでお問合せください。
pirathisuatsuko@gmail.com






posted by あつこ at 22:57| 食事について