2016年01月06日

ピラティスの呼吸法

今日は二十四節気の一つ「小寒」でした。
小寒から節分までを寒の内と言い、寒さが厳しい冬本番を迎えるころです。
今年はこの時期にしては本当に暖かい日が続いておりますが、
今週末に向かってはどんどん寒くなる予報が出ています。
寒くなると活動するのも億劫になって、
益々身体が冷えてしまうという悪循環に陥ってしまいがいです。
何を隠そう自分自身がそうなのです。
寒い時期は布団から出たくない!
こたつで丸くなっていたい!
春まで冬眠していたいのはやまやまですが、
そういう分けにもいきませよね。

ピラティスの呼吸法は、鼻から吸って、口から吐きます。
肋骨を柔軟に動かしてたっぷりと鼻から息を吸い、
口から吐いて広がった肋骨を内側に寄せていきます。
おへそはグッと背骨側に寄せて一呼吸ごとにお腹を薄くしていきます。
この呼吸の練習をするだけで、全身がポカポカしてきます。
寒い朝、布団の中でまず何度か呼吸を繰り返します。
身体が温まってきたら、布団から出るのも楽ですね。

ピラティスクラスでは、正しい呼吸法を丁寧にお伝えします。
他にも、小さな動きで身体がポカポカ温まるエクササイズが色々。
寒いこの時期こそピラティスで、
身体の中から温めて活動的に過ごしましょう。
posted by あつこ at 20:20| ピラティス